アシェットはじめてのレザークラフト10号、付属はヘリ落としです

はじめてのレザークラフト10号 レザークラフト

アシェットはじめてのレザークラフト10号を買いました!

今回の付属は
・ヘリ落とし

です

ショルダーバッグのかぶせ(ふた)の部分は
革の端を縫わず
言ってみれば切りっぱなしのようなデザインです

なので、革の両面の厚みの部分の角(かど)を面取りして
仕上げるようです

ヘリ落としは
ドライバーのような形をしていて
先が二股に割れています

革の角にあてて
すーーーっと押して削っていきます

引き方で言えば
木のカンナ掛けの逆ですかね

そういえば、豆カンナという
てのひらに収まるくらいのカンナを
使ったりもするみたいですね
小さくてかわいい!

ヘリ落としをした後は
これまでと同様に
やすりで整えて
磨き剤をつけて
帆布で磨いて仕上げです

レザークラフトは
革の力のかからないところは
縫わなくても大丈夫なところがいいですね!
どこもかしこも縫うことになったら
手縫いでは大変ですよね

ヘリ落としは
細、中、太とサイズがいろいろあるみたいです

今回ついてきたのは何だろう?
中サイズですかね

革の厚さに合わせてサイズ選びをするみたいで
中が1.5mm程度の革向きと書いてあるし
付属の革はそれくらい厚みなので

ヘリ落としはだいたい1000円位みたいです

自分で道具を買うとしたら
後回しにしてしまいそうなアイテムですが
上手に面取りできれば
作品の見映えがよくなりそう

これも刃物だから
お手入れするのかな?と思ったら
紙ヤスリで研ぐみたいです

ダイソーの紙ヤスリセット、
一番細かい目が#1000で
ちょうど使えそうです

刃物はよく切れないと
仕上がりが悪いですもんね
ヘリ落としを使った後にやってみます!

はじめてのレザークラフト
冊子も薄いし
高いかなぁって思うこともあるけど

こういう細かいことが
いいタイミングで書いてあるから
いいですよね

ネット通販の商品紹介では
シャープナーオイルというのを塗布して保管すると
書いてありました
サビを防止できそうです

10号のレザーギャラリーは
メガネケースです

あぁまたスナップが必要だ・・・

目をつけていたスナップセットが
なぜか300円も値上がりしてしまい、
もう下がらないのかなぁと思って
様子見してます

メガネケースは難しそうな形に見えるけど
型紙をみると
革の切り方が複雑なだけで
縫わない部分も多いから
思うほど難しくはないのかな?

くるみボタンのバネホックは
ちょっと手間がかかりそうです

型紙しだいで
こういう立体感がある形のも作れるんですね~!

普段、メガネはかけないのですが
花粉症なので
花粉用の眼鏡を持っていて
普通の眼鏡と違って
目の周りを覆う分、厚みがあるんですよね

入るケースがなくて
ダイソーで買った
半透明のプラスチックでできた
サングラス用?の大きいのを使っています

プラスチックだから洗えるし
少々雑に扱っても大丈夫ですが
あまり、というか全然
おしゃれではないです!

花粉眼鏡用のなら欲しいな
サイズが違うので
自分で型紙を作らないとだけど
いつかは作ってみたいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました