はじめてのレザークラフト22号、付属は前胴用のヌメ革です

はじめてのレザークラフト22号 レザークラフト

はじめてのレザークラフト22号を買ってきました!

18号から21号では
ショルダーバッグの肩にかける
ベルトの部分を作りました

バックルの取り付けは
美錠抜きのおかげで簡単だったし
縫う作業がないので
わりとすぐできました!

いよいよバッグの正面の部分です!

22号付属の材料

今回の付属品は

  • ヌメ革1枚

です

ヌメ革は
前の部分なので
それなりのサイズがあります

22号付属の前胴用ヌメ革

これからの作業に
なくてはならないものです~

前の部分は「前胴」というようです

かぶせ用の革が来たときに
傷や血筋が多くて
かなり心配したのですが
ベルトなどをつけて
だいぶ隠すことができました

前胴の革はどうだ?と思って見ると
やはりけっこう長めの傷が
いい場所にあります
だいたい10cmくらいか

天然のものって
こういうものなんだなぁって
少し慣れてきましたが
やっぱり傷は気になりますね

できるだけ
隠せるように作らないとです

22号の作業

前回の記事で
型紙に合わせて切って
レザーコートを塗って
コバ磨きかと想像していましたが

なんと~!

今回の作業は
型紙を作って
革に書き写すだけです~!

作り方説明の部分は1ページのみ!

か、かんたん過ぎる

革は裁たずにおきます、とあるので
切ってもいけないようです

前胴にはベルト通し穴をつけるのですが
その印さえつけません

ここまでシンプルだと
次は何をするのか
とても気になってしまいます!

カービングをやるから
レザーコートはまだ塗らないか、
とは思ったのですが

作業が少ないので
次の号を買うまで様子をみて
一緒にやるのでもいいなと思っています

これまでカービングの図案が
たくさんついてきているので
その中のどれかを
写すのかと思っていましたが
ショルダーバッグ用として
原寸のデザインが掲載されていました

私はいまだに
どのスタイルだとこんなデザインとか
そういうのがわかっていないのですが
これから説明があるのでしょうか

これまでの図案とスタイル名を見ていたら
共通点がわかりそうなものだけど
全然わからず!

革の知識

革の知識はエキゾチックレザーについてです

スティングレーはエイの革だそうです

私は集合体恐怖症なんですよ
なので細かいポチポチが苦手で
じっくり見られません

説明の写真を見て思い出したのですが
実家の近くに韓国から嫁いだ方がいて
家にあるタンスが螺鈿(ラデン)だったり
床がオンドルだったりしたのですが
持ち物も独特で
その方がエイ革のバッグを持っていたのを
見たことがあります

これエイなんですよ、っておっしゃるので
触らせてもらったら
硬くてかなりザラザラした質感でした
小さいトゲトゲって感じだけど
それが刺さるってほどでもないし

背中の大きめな粒がスターマークといわれるそうで
それをレザークラフトではいい位置に配置するみたいです
ちょっとそこまでは見なかったな

シャークスキンはサメの革で
人気の産地は気仙沼だそうです

サメの革もこうやって
使われているんですね~
知らなかった~

海の生き物だからか
水に強いみたいです

サメの革は触ったことがないですが
こちらもザラザラしてそうですね

レザーギャラリーは手帳型スマホケースその2

レザーギャラリーは
手帳型スマホケースの後半です

カードポケットがあるので
その作業と
ホックやハトメなどの金具をつけて
カメラ部分の穴の加工と
スマホケースの貼り付けなどをして
完成!

このケースが手作りだったら
レザークラフトけっこうできる人に
思われること間違いなし!って感じ

スマホケースではなく
手帳用金具を中央につければ
手帳カバーに応用がききそうな気がします

手帳カバーは本編3つ目の作品で
作りそうだけどね

ふち飾り部分の革の色や形を変えたりして
アレンジするのもよさそうですね!

カービング図案集は
アリゾナスタイルが2種類ついてきました
メモケースやノートカバー用の長方形のデザインと
時計やトートバッグ用の円形のデザインです

23号予告より

次回の付属は

  • ヌメ革1枚
  • 刻印(3種)

です

え?ヌメ革?

カービングなしの場合と書いてあるので
カービングで装飾しない前胴の革も
あるってこと?

刻印3種は

  • フラワーセンター
  • カモフラージュ
  • バックグラウンド

だそうです

前胴の革に一発勝負で
カービングをやる自信はないので
以前買ったヌメ革で
練習してみようかと思ったりしています

コメント

  1. Tell より:

    スマホケースは、この号が来る前からやろうと思っていて、
    でも、スマホをどうやって固定するんだ・・・?ってところが悩みどころだったのですが、
    「あ、シンプルなケースを革に貼り付ければいいじゃん!」って思い付いて、作りました。
    ※リンク先にあげておきました。

    牛皮の色って、なかなか発色がいいものが無いですが、
    豚スエードはカラフルなものがいっぱいあって、使いたいな~と思っていて、
    ただ、単独では弱いな、、、と思っていたので、2重にしてみました。

    • tomona より:

      Tell様

      切り替えデザインでおしゃれですね!
      手が込んでる~!
      革の弱いのも補ってるんですね~!
      たしかに、バッグとかでも
      牛革はカチッとしたイメージのものが多いですね!

タイトルとURLをコピーしました