はじめてのレザークラフト34号、付属は刻印シート、バネホック、打ち棒です

アシェットはじめてのレザークラフト34号 レザークラフト

はじめてのレザークラフト34号を買ってきました!

いつも購入している書店が自粛から営業を再開したので
やっと買うことができました!

34号付属の材料と道具

34号の道具は

  • 刻印シート(2枚)&打ち棒
  • ホック用打ち棒
  • バネホック

です

刻印シート、打ち棒、バネホック

刻印シートは
プラスチックで6×6センチくらい

刻印シート用の打ち棒は
木製の丸棒です

アルファベットの大文字と
星やハートなどのマークのが1枚

刻印シート英語大文字
アルファベットの小文字と
@マークや&などの記号のが1枚

刻印シート、アルファベット小文字
合わせて2枚です

金具の力強いのでないと
刻印できないと思ってたから
これでできるのか~!って感じです

クラフト紙にクッキースタンプを
押したらかわいいかと思って
セリアとキャンドゥで以前買ったのですが
なんかそれも使えそうだぞ?
と思えてきたけどどうだろう

ホック用打ち棒は
凹用と凸用の2本セット

バネホックは
アンティック色パーツ4個で1セット

バネホック、スナップ

これが5袋ありました

今回はいろいろついてきたな~!

これくらいついてくると
これはなに?
いくつ入ってる?
なんて思って開けるのが楽しいですね♪

34号の作業

34号の作業は
ポケット革にバネホック(スナップ)をつける作業です

ファスナーを縫いつけたファスナーポケットと
カードポケットの下段に
バネホック用の穴をあけます

カードポケット側に凸用を
ファスナーポケット側に凹用を
打ちつけます

カシメの打ち具は17号についてきて
ショルダーバッグの根革にカシメをつける作業をしましたが
その時の打ち台をホック付けにも使います

(17号の記事はこちら

革と道具の技法

革と道具の技法はバネホックについてです

レザーギャラリーで
ホックを使った作品が
たくさん出てきて
打ち台と打ち棒を早く~!と
言ってきましたが
やっと道具がそろいました!

色はシルバー、ゴールド、ブロンズ、アンティック
サイズは大・中・小があって
そしてカラー塗装したタイプなど

以前、自分で買ったのは
アンティックの大サイズだったかも

バネホック大

入ってる量が多いのと少ないのとあって
自分が作りたいものに
大が合うか、中が合うか
買うのに迷いました

家で見るのとお店で見るのは違うから
サイズをはかってから
買いにいくといいですよね

パーツは4個で1セットですが
それぞれ名前がついているようで
凹側がヘッドとバネ
凸側がホゾとゲンコ

ヘッドはふつう膨らんでいるけど
ヘッドの金具の部分を見せない作品に使うには
隠しホック用のハンシャというのがあるそうです

なるほど~
表から金具の見えない
バッグやお財布ってありますよね

打ち具の先端はよく見ると向きがあって
バネの向きと一致させてから打たないと
バネをダメにしてしまうようです

よく確認しないとですね!

外し方はくいきりを使っています

革製品を使っていて
バネがつぶれてしまったり
よく止まらなくなってきたら
交換するといいそうです

本体がしっかりしてたら
パーツを交換すればまた使えますね~

くいきりはファスナーの長さ調整の時も
便利そうなので
1個持ってるといいなぁと思っていますが
それだけのために買うにはちょっと高いかな~
でもいいなぁ

レザーギャラリーはクラッチバッグその2

33号に続き
クラッチバッグの後半です

(33号の記事はこちら

前半でひととおりパーツの準備まで終わり
後半ではパーツを組み合わせて
立体的に仕上げていきます

角が四角いままなので
かなりかっちりした雰囲気です

背中にベルトをつけたら
リュックみたいになりそうでもある

脇にかかえるバッグは
出かけた先では
置く場所にほんと困るんですよね

ちょっと抜けている私なので
やっぱり持つところがあると助かります

35号の予告より

35号の道具は

  • ヌメ革1枚
  • 手縫い針2本

です

縫い針は2号についてきたものと
同じっぽい?

針もたくさん縫うと
先が減るんですかね

今のところ1組しか持っていないので
何本かあると
色の違う糸を使いたい時とか便利そうですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました