はじめてのレザークラフト36号、付属は1本平目打ちです

アシェットはじめてのレザークラフト36号 レザークラフト

はじめてのレザークラフト36号を買ってきました!

使わずにしまってあったギフト券を発見したので
書店で使えるか尋ねたところ
使えますよ~ということで使ってきました!

定価は変わらないけど
今回はちょっと安く買えたような気分!

36号付属の道具

36号の道具は

  • 1本平目打ち

です

1本平目打ち

前回の記事で先端がカールしているように見えると書きましたが
まったくカールしていませんでした!

画像ではそう見えたのですが、すみません!

むしろ真っすぐです

先端へ向かって平たく薄くなっていって尖っている感じ

1本平目打ちの先端

長財布は
財布の周りを牛レースで
がかるみたいなので
そのために使うのだと思います

叩いてあいた穴が直線でつながったら
破線になりそうです

1本だと
たくさん打つと曲がっていきそうなので
これから2本とか4本もくるのかな?

36号の作業

36号の作業は
カードポケットの中段の縫い付けです

土台の革に中段の革の外周部分を
接着剤で貼り付けます

下端の中央に印をつけて
中央から左と右の
それぞれ7センチのところに印をつけて
7センチの印のところから中央よりまで
6センチの長さの縫い線を引きます

菱目打ちで穴をあけて
土台に中段を縫い付けます

まとめると
中央が2センチ間隔があいた状態で
左右に6センチ縫ってある感じ?

中段があまり深いと
カードが沈みこんでしまうから
そうならない深さで土台に縫って
下段を重ねたときに
中央を縦に縫っていくのかな?

ある程度
構造がわかってきたような気がしていても
途中の工程を見ると
へ~こうやって縫うのかー!
って思いますね!

革と道具の技法

革と道具の技法は
平目打ちについてです

今回ついてきた
平目打ちは3mm幅で1本ですが
2mmや6mmの1本平目打ちもあるようで
レースの幅に合わせて
サイズを選ぶみたいです

たしかに、
レースの幅より穴の幅が短かったら
通すの大変だし、よれてしまいそうだし
長かったらぶかぶかで
きれいに仕上がらなそうですもんね

歯の本数も2本、4本、5本などがあるみたいです

マグネットホックの穴をあけるのにも
使えるそうです

マグネットホックって
金具を差して折り曲げてあるけど
穴をあける距離が短いから
カッターだと引き加減が難しいし
平目打ちであけるのはよさそう!

穴のあけ方は
縫う時と同じで
まずはディバイダーで線を引いてから
線に沿って曲がらないように
叩いてあけていきます

角の部分は1本平目打ちで
角に対して45度みたいな感じで
打つそうです

革が1枚のコースターとかも
牛レースでかがってあったら
作品の完成度があがっていいかも~
と思いました!

レザーギャラリーは拭き染めのコインケースその2

レザーギャラリーは前回の続きで
拭き染めのコインケースの後半です

このコインケースは
表がスター柄で染めてあるだけでなく
外周を牛レースでステッチしています

名前で言ったら
拭き染めとレースかがりのコインケース
でもいいかと!

しっかり編んでいるので
すき間もなくていいですね!

1本、2本、4本の平目打ちと
レースギリも使っているので
こりゃ~道具がまだ揃わないな

カービングとはまた違う
手がこんだ作品って感じですね!

カービング図案集

カービングの図案は
シェリダンスタイルです

2つ折りの財布や名刺入れにあう
左右の向きのデザインと
長財布やトレーなどにあう
横長の長方形のデザインの2タイプです

カービングは
ショルダーバッグが終わってから
全然やっていないです・・・

37号予告より

37号の材料は

  • 紙やすり5種
  • ポリエステル糸(ブルー)

です

紙やすりは
もう少し早い段階でつけてほしかったですね~

ポリエステルの糸は
初めてです

それもブルー?
どこに使うんだろう・・・

コバの塗料も赤だったし
なんとなく
赤っぽいものが多い気がしていたので
ブルーの使い道が謎ですが
レザーギャラリーで使うのかな?

ポリエステルの糸は
自分でも買ってみたけど
扱い方がよくわからないので
これから説明があるといいなと思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました