はじめてのレザークラフト39号、付属は6本ヒシ目打ちです

はじめてのレザークラフト39号 レザークラフト

はじめてのレザークラフト39号を買ってきました!

いつもショッピングモールの中にある
書店で購入しているのですが
今回はなんと!
モールのくじで500円割引券が当たりました!

書店でも使えるということで
500円引き!ラッキー♪

39号付属の道具

39号付属の道具は

  • 6本ヒシ目打ち

です

39号の道具の6本菱目打ち

6本ヒシ目打ちの刃の幅は
4mmです

これまでヒシ目打ちは
パスケースの時に2本で3mm幅がひとつ

そして4mm幅は
1本、2本、4本のヒシ目打ちが来ているので
今回6本が加わって
4mm幅はだいたい揃ったのかな?

39号の作業

今回の作業は
札入れ革をファスナーポケットに縫いつけます

長財布の構造ですが
一番手前にファスナーがついた
コイン用のポケットがあって
その後ろに札入れが2層になっています

ファスナーポケットは
すぐ後ろの革に少し小さめのコの字に縫いつけるみたいです

お札入れの手前に
ひとつポケットができるような形になるので
その部分にはレシートとか
お守りとか
ちょっとしたものを入れられそう?

レザーギャラリーは二つ折り財布その1

二つ折り財布は全4回で仕上げるそうです

今回はその1回目

レザーギャラリーの表紙には
難易度を示す星★マークがついているのですが
初めての3つ星!

(レザーギャラリーの作品一覧ページはこちら

最近はキャッシュレス決済が増えて
お財布はできるだけ小さくしたいなと思っています

今メインで作っている長財布より
二つ折り財布のほうがいいなぁ

ただ、形としては
男性向きのお財布っぽい形ですかね

外側にカービングがしてあって
内側は左にカードポケットが3段
右にマチつきのコインポケット
奥がお札をいれるところです

コインポケットは
ふた付きでスナップで止めるようです

マチがあるので
硬貨が取り出しやすそうでいいですね

1回目の作業は
革を裁った後
外側のカービングをしていきます

図案を革にうつして
スーベルナイフでラインをカット

各種刻印を打つ

バックグラウンドを染色

アンティック染料を塗って
コート剤で仕上げ

ショルダーバッグでは
カービングは何回にも渡って
作業しましたが
ここでは4ページ分にまとめてあります

カービングなしでも
お財布としては十分よさそうです

そう言えば最近ネットで見かけたミニ財布は
3つ折りでだいたい名刺くらいの大きさだけど
お札を折らずに収納できるものとか
コインポケットも普通の半分くらいだったり
キーケースを兼ねていたり
なるほど~って感じのものがいろいろありました

革の知識

革の知識は
用語集の「い」~「う」です

今使っているお財布は印伝ですが
「い」で印伝革が載っていました

鹿の革に
漆で柄をつけているらしいです

縁起物のデザインとか花柄などもあるし
最近はちょっと変わった柄や
色づかいのものもあります

私のはもう何年も使っているので
柄の部分が少し薄くなってきてるけど
気に入ってます

40号予告より

40号付属の道具は

  • ヌメ革1枚
  • 刻印2種

です

レザークラフト40号予告

刻印2種は幅の狭いベベラと
シーダーみたいです

ショルダーバッグが終わってから
カービングは全くやっていないです…

コメント

タイトルとURLをコピーしました