アシェットはじめてのレザークラフト8号付属は両面テープと菱目打ち4ミリ

アシェットはじめてのレザークラフト8号表紙 レザークラフト

アシェットのはじめてのレザークラフト8号を買いました!
アシェットはじめてのレザークラフト8号表紙
今回の付属は
・両面テープ2mm幅
・2本ヒシ目打ち4mm
です

やっぱりちょっと道具がさびしいかな・・・

こんな細い両面テープは持ってないけど
買ったら200円位みたい

菱目打ちは幅は違うけど
創刊号2冊買ってるから
2本持ってるし、新鮮味に欠ける(笑)

最初のは3mmで
今回は4mmなので
幅が広くなって、大きい作品に向いているそうです

そうそう、創刊号2冊買って
ゴム板が2個になって
1個目がボロくなったら使おうかと思っていたけど
2個あると便利なことを発見しました!

型紙を革の上において
革に写しとる時の重しにちょうどいいです

解説で「型紙がずれないよう重しをしておきましょう」
とあるけど
手ごろなおもりになるものって意外とないですよね
瓶は形によっては高さがあって
線を引くのに邪魔だったり
消しゴム程度じゃ軽すぎるし

やっぱり創刊号はよかったなぁ~

8号の作業は
・ポケットの革の裏の端に両面テープを貼る
・胴裏にポケットを貼る
・菱目打ちで縫い穴をあける
・平縫いで縫い付ける

今回の道具は物足りないけど
作業は充実しています

なんというか
縫う工程があると
レザークラフトやってる感がありますね

今回は両面テープで仮止めしてるけど
サイビノールやゴムのりを使う方法の
説明もありました

いろいろ道具がありますね

バッグの手持ち部分を作るときは
参考になりそうです

表に出る部分に貼る今回のような作業は
一度に貼る自信がないから
位置を合わせながら貼れる
両面テープは便利ですね

レザーギャラリーは縫い針ケースです
切り出す革の形は真っすぐでいいので
作りやすそうです

でもこれもスナップが必要だ・・・
スナップ台はいつくるの~!

今のところ針は
買った時のビニール袋に入ったままの状態
縫い針ケースがあるといいですね~

カービング図案集は
基本的な唐草模様です
図案がどんどん集まっていくのですが
これがどう展開されていくのかは
まだ全然わかりません
バインダーに保管しているだけ

今回のはなんとなく
ショルダーバッグの見本のデザインと
同じように見えます

ショルダーバッグ
私の好みとしては
カービングの柄が入ってないほうが
いいかなぁと

もし持つとしたら
普段のカジュアルな服装にバッグが
馴染まなそうなので
変わったバッグ持ってるね~って
言われそうな気はしますが

こんな手間のかかる作業が入ったバッグ
実際に買ったら
ちょっと高いと思いますよ
だから作ることじたいはいいんだけど
作ったら使いたいですしね

カービングは別の革で
練習しようかとか今から考えてます

前に書いたけど
コースター作りたいから
コースターでたくさん練習するのはいいかも

次回9号は
・ヌメ革1枚
・刻印ベベラ
だそうです

ヌメ革はかぶせ部分になるようです

コメント

タイトルとURLをコピーしました