コバ床面磨き剤CMCの取り扱いに苦労してます

コバ床面磨き剤CMC レザークラフト

はじめてのレザークラフト5号に
CMCというコバ床面磨き剤がついてきましたが
https://tomonias.net/leathercraft/hajimeteno-lether-craft-5/32/

取り扱いに苦労してます

CMCは粉を水に溶いて
よく溶けて水ノリのようになったら
革の床面とよばれるザラザラした側に塗って磨いて

革の毛羽立ちをおさえるために使うのだけど
本の発行が2週間に1回で
かつ、毎回使うわけじゃないから
放置しておくと
カビが生えてしまうよ~

CMCはコスパ最高らしいけど
やっぱりトコノールが便利なのでしょうか

容器が完全密閉じゃないからいけないのかな?

調べてみると
水に溶かす時に
一緒に防腐剤を入れている方がいました
これはいいかもしれないね!

あと、思うのだけど
どうしても分離気味になって
表面に水が浮いてくるから
作ったら放置ではなく
ぬか漬けのように
定期的にかき混ぜればいいのかな?とか

カビが目に見えなくても
生えかかっているかもしれないと思うと
そのまま使ったら
革にカビをうつすんじゃないかと心配になって
ちょっと使いたくないなぁって思います

なので毎回必要な時に作って
余ってしばらく使わなかったら
捨ててしまいます

のりだから流せないし
ふたを開けて
カビが拡散しても嫌だから
もったいないなぁと思いつつ

磨き作業は
同じ工程を集めて
一度にやりたいくらいだよ~

磨き剤作りを繰り返していると
本に書いてある分量の
小さじ2分の1に対して水50mlでは
できる量が多すぎると感じてきました

もっと粉と水の量を減らして
作ってみようと思ったのだけど、
計量が難しいね~

目検討で作ってみたら
ゆるゆる、ほぼ水か?ってものが
できてしまったから
後から粉をまた足して調節

あと、ぬるま湯で溶くと
溶けるのはやっぱり早いみたいですね

プラカップの容器まで溶けないように
お湯の温度には気をつけないと

カビが怪しくなってきては作り、
また怪しくなっては作り、
を繰り返していると
毎回分量を本で確認するのは面倒です

本を見ずにスマホで検索したりすると
溶く分量が人によって違ったりもするから
余計に覚えられなくて

料理もそうだけど、
大さじ2と小さじ2分の1とか
意外と混乱しませんか?
私はそういう表記がどうも苦手みたいです

この前、たまたま買ったものに
付属で計量スプーン3ccがついてきて
おーこれは使えると喜びました

これまではゼリーとか食べる使い捨てスプーンと
料理用のスケール使ってましたから

このスプーンの半分の粉なら
1.5cc、
20倍の水で溶くとすると30mlなので
1.5cc、30mlと
磨き剤の容器に
お名前シールで分量を貼っておくことにしました

これで本で確認して
計算しなくてもすみます

というわけで
こうしたらいいのかもという対策をまとめると

・カビ防止剤(防腐剤)を使う
・頻繁にかき混ぜる
・作る量を減らして出来るだけ使い切る
・CMCはやめてトコノールを買う

って感じでしょうか

面倒だなと思いつつ
自分で作業しやすいように工夫したり
やってみてダメだと思うことは
別の方法を考えたりするって
ものを作るには大事ですよね

トコノールって使いやすそうですよね
気になります・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました